1. HOME
  2. ブログ
  3. 【開催レポート】遅ればせながら、市川弘太郎の会

【開催レポート】遅ればせながら、市川弘太郎の会

はじめに

2021年7月31日、8月1日。
歌舞伎役者 市川弘太郎の自主公演「不易流行 遅ればせながら、市川弘太郎の会」を開催致しました。

会場となったのは、東京池袋にある”東京建物 Brillia HALL(ブリリアホール)”。
最大キャパシティは1300人ですが、時勢を鑑み、席数を半分にしての開催となりました。

舞台設営の様子

公演特設サイトにも記載のある通り、本公演のテーマを一言で表すならば、

幼き日の憧れ 友との約束
万感の思いを胸に いざ夢の舞台へ

というものでした。

本記事では、公演の内容や、開催に際してのエピソードなどについてご紹介します。

“幼き日の憧れ”

「不易流行 遅ればせながら、市川弘太郎の会」で上演された演目は2つ。

市川弘太郎の師匠である三代目・市川猿之助(現・市川猿翁)が大きな金字塔を打ち立てた「義経千本桜」の「吉野山」「川連法眼館の場(四の切)」です。

そして、「四の切」の主人公である”狐忠信”は、弘太郎が小さな頃から憧れ続けてきた役でした。

憧れの”狐忠信”

今回、公演特設サイト&パンフレットにて、”弘太郎本人が演目の概要とポイントを紹介する”という企画を掲載致しました。

そちらを以下に転載致しますので、従来のフォーマルな演目紹介だけではなかなか伝わらない演目の面白さについて、知っていただければと思います。

『義経千本桜』は源平合戦のあとの源義経を軸に、周辺の人間ドラマを描いた歴史ファンタジー。中でも「吉野山」と「川連法眼館の場」は、義経の部下・佐藤忠信が主役の段です。

まず「吉野山」では、義経の恋人である静御前とその警護を務める忠信が、義経が身を隠す川連法眼館を目指して、桜の名所・吉野山を旅するシーンです。一番の見せ場は、忠信が壇ノ浦の戦いと兄・継信の戦死の様子を踊り聞かせるところ。忠信も継信も、源平合戦で源氏の一員として戦っていたのです。

鑑賞のポイントは二つ。まず忠信には、本物と狐が化けた“狐忠信”の二人がいるということ。「吉野山」で登場するのは狐忠信のみですが、現れる時にドロドロドロ……と怪しげに鳴り物が鳴るのが特徴です。そして、もうひとつ重要なカギとなるのが“初音の鼓(はつねのつづみ)”※。これは義経から静へ託されたものですが、狐の両親の皮で出来ているのです。皮になっても両親が恋しい狐は、忠信に化けてまで鼓を持つ静につきまとうわけです。この二点をおさえておけば、ストーリーを見失うことはないはずです。

そうそう、狐忠信は両親が恋しくなると変化が緩んで、手が狐っぽくなるというアニメのような演出もあります。人間の手のまま狐らしさを表現するのも、見どころです。

※鼓:手で打ち鳴らす日本の打楽器。打つ部分に皮が張ってある。



2.川連法眼館の場

こちらは、本物の忠信が川連法眼館に現れるシーンから始まります。義経は同行しているはずの静の居場所を聞きますが、本物の忠信は何のことか全くわかりません。ちょうどその時、静が館に到着し、遅れて狐忠信もやって来ます。いったい何が起きているのか?と、義経は静に謎解きを命じます。そうして、静が狐忠信を問いただすと、狐忠信はその正体と初音の鼓が自らの親の皮でできていることを告げるのです。

この段の見どころは三つ。まず、本物の忠信と狐忠信の演じ分け。どちらも僕が演じるのでお楽しみに。二つ目は、狐忠信が人の姿から狐へと早変わりし、色んな所から出たり消えたりして、その神通力を見せるシーン。これは舞台に特別な仕掛けがあるんです。そして、三つ目は狐が静につきまとった理由と親への情愛を述べるところ。それを聞いた義経は、狐の親を思う一途な気持ちと自らの孤独な身上とを重ね合わせて気の毒に思い、初音の鼓と源九郎の名を与えます。いつまでも親と一緒にいたいという子供の純情な気持ちを感じてもらいたいです。

〜〜〜

と、解説をしましたが、幼稚園児だった僕が夢中になったくらいですから、難しく考え過ぎないで。目で見えるもの耳で聴こえるものをシンプルに感じて、楽しんでもらえたら何よりです。

上述の通り、「狐と本物の演じ分け」と「派手な仕掛け(ケレン)」が大きな見どころである演目。

市川猿翁の部屋子として研鑽を重ねてきた市川弘太郎がこれをどう演じきるのか、そこが本公演における最大の注目ポイントでした。

“友との約束”

本公演が実現した背景には、弘太郎の友人である同世代の歌舞伎役者の存在がありました。

それは、尾上松也さんと中村七之助さんのお二人です。

食事の席で「四の切をやりたい」とこぼした弘太郎に対して、二つ返事で「じゃあ俺が静御前をやろう」と言ってくださり、当日も貫禄の演技で会場全体を魅了してくださった七之助さん。

そして、残念ながら当日は予定が合わず、共演こそ叶いませんでしたが、”史上最も贅沢な影アナ(※)”として協力してくださった松也さん。

「弘ちゃんならできる!」と強く背中を押してくれただけでなく、実際に大きなお力添えをくださったお二人がいたからこそ、今回の公演が実現するに至ったのです。

(※)上演前、鑑賞時の注意事項などについてお知らせする場内アナウンスについて、今回はなんと松也さんが引き受けてくださりました。場内アナウンスの最後、「尾上松也でした」と種明かしを行った際には、会場全体が大きな歓声に包まれました。

今回は、緊急事態宣言の発令などもあり、そもそも公演をできるかどうかがなかなか確定できない状況であり、実行委員会として開催を決断することができたのは6月の上旬でした。

そんなタイトなスケジュールの中、出演者の方々は快く応じてくださり、弘太郎の夢が叶う瞬間に、とても心強いチームで臨むことができました。

クラウドファンディングについて

また今回は、「劇場へお越しいただくことのできない方々にもご覧いただきたい」との想いから、クラウドファンディングにて映像化費用の支援を多々頂戴致しました。

改めまして、心より感謝申し上げます。

弘太郎の夢が叶った瞬間を是非この機会にご覧くださいませ。

▼オンライン配信 チケット購入はこちら▼

<アーカイブ配信>不易流行 遅
ればせながら、市川弘太郎の会

(※)クラウドファンディングにて、「配信視聴」のリターンを選択された方へは、追って視聴チケットを送付致します。

当日の様子

当日は、入場、上演、退場に至るまですべて、徹底した感染対策の元で行いました。

ロビーには、事前のクラウドファンディングにて募集した提灯が並び、自分の名前を探して撮影されている方もちらほら。

今回ご協賛いただいた、着物買取のBuySell Technologies様のブース。

艶やかな着物を広げた優雅な空間が、公演全体に花を添えてくださっているようでした。

いざ、公演が始まり、ついに弘太郎の長年の夢が叶った瞬間。

会場には、涙を流すお客様もいらっしゃいました。

市川弘太郎の会のウラ話

盛大な拍手に包まれ、無事幕を閉じることのできた「不易流行 遅ればせながら、市川弘太郎の会」ですが、まだまだ発足して日の浅い委員会にとっては”初めてづくしの公演”ということもあり、色々な出来事がありました。

準備期間から公演までの裏話について、以下いくつかご紹介します。

エピソード① まさに七転び八起きの…

「吉野山」にて忠信が登場するシーン、ついに夢が叶う瞬間。
暗転時に舞台袖から出る際、弘太郎は足を引っ掛けて盛大に転んだそうです。

エピソード② 関係者全員分の…

本公演においては、出演者はもちろん、会場に出入りする全てのスタッフに関して、事前にPCR検査を行いました。
ニュースなどでよく耳にしている分、簡単に実施可能かと思いきや、関係者全員の手配となるととても大変な作業となりました。

エピソード③ 準備もソーシャルディスタンス

事前の打ち合わせはすべてZOOM。全体での稽古も一度きり。

各人が自主的に精度を上げ、本番のクオリティ向上に努めました。

今後の展開について

色々な紆余曲折がありながら、公演自体は無事成功させることができました。

不易流行実行委員会としては引き続き、皆様に楽しんでいただくためのさまざまな企画をご用意しております。

①テレビ放映について

今週8/19(木)18時台に、MBS「よんチャンTV」(近畿ローカル)内の『清水麻椰の「これから来〜るJAPAN 」』にて、「弘太郎の会」の特集がオンエアされます。

なお、近畿エリアでのオンエア後には、TVerなどの見逃し配信プラットフォームにて、1ヶ月間視聴可能ですので、放映エリア外の方々に関しましても、ふるってご視聴いただけますと幸いです。

②弘太郎 × 團子 オンライン生配信企画

市川弘太郎が市川團子を迎え、視聴者からのコメントをもとに交流を行う生配信企画を行います。

「遅ればせながら、市川弘太郎の会」にて、互いに初役にて共演した二人。

準備や稽古、公演当日の舞台裏などにも触れつつ、ご参加くださる皆様のチャットを軸に進行を行います。

この機会にぜひ、皆様と交流できればと思います。

【配信日時】 8/22(日)15時30分〜(約60分生配信)

※アーカイブは 8/23(月)23時59分 まで
※期間中はいつでも何度でもご覧いただけます。


【視聴料金】 1,650円(税込)+別途システム手数料220円


【出演者】 市川弘太郎、市川團子 / アシスタント:高橋茉奈(ホリプロ)

③「部屋子の部屋 番外編」 弘太郎×團子 じっくり対談 映像配信

※こちらは生配信ではありません。

7/31、8/1に開催された「不易流行 遅ればせながら、市川弘太郎の会」にて共演した二人。
弘太郎は自主公演の準備に初めての体験や挑戦が多くあったとか…。
團子はここのところ初役が多く、活躍の幅を広げつつある。
二回り世代の違う二人が、それぞれの初挑戦について語る60分対談プログラム。

【販売期間】 8/12(木)10時から9/3(金)22時まで

【配信期間】 8/28(土)10時から9/3(金)23時59分まで
※全編アーカイブ配信です。(こちらは生配信ではありません)
※期間中はいつでも何度でもご覧いただけます。

【視聴料金】 1,650円(税込)+別途システム手数料220円

【配信時間】約60分全編アーカイブ配信(収録)

【出演者】 市川弘太郎、市川團子 / アシスタント:高橋茉奈(ホリプロ)

④「市川弘太郎の会」のオンライン配信について

「不易流行 遅ればせながら、市川弘太郎の会」のオンライン配信(有料)を行います。

配信:イープラス「Streaming+」
期間:9/25(土)10時〜10/1(金)23時59分
料金:税込3,300円

視聴チケットは8月19日18時よりイープラスにて販売開始です。

<アーカイブ配信>不易流行 遅
ればせながら、市川弘太郎の会

(※)クラウドファンディングにて、「配信視聴」のリターンを選択された方へは、追って視聴チケットを送付致します。

その後も、「遅ればせながら、市川弘太郎の会」のBlu-ray化、久々となるレギュラーメンバーでの「部屋子の部屋」など、注目の企画が目白押しとなっております。

今後も不易流行と市川弘太郎をよろしくお願い致します。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事